冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~のような巨乳姉妹が俺も欲しいw

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~の美人姉妹が巨乳でドエロだったので、チンジャオ娘のビッチが田舎にやってきたから久々にかなり実用性の高い同人コミックを見つけました。

 

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~カバーイラスト

 

美人姉妹が両方とも親友に寝取られるという設定がなんとも興奮できましたね。

 

こんな巨乳姉妹が親友の姉ちゃんだったらはっきり言って思春期の欲望を我慢できる自信がありません!

 

 

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~(シュート・ザ・ムーン)ではヒロインの美人姉妹が弟の友達にビッチだと誤解されたら困るなと心配しながら家まで歩いて行ったのをよく覚えている。

 

このことは美人姉妹のマリ姉ちゃんから後で話てもらって分かったことだけど、

 

チンジャオ娘のビッチが田舎にやってきたで常習的に知り合ったばかりの女の子を家にお持ち帰りしているような軽い男ではないこと程度は

 

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~の時点でもなんとなく信頼してくれていたようだ。

 

最終的にはどういいつくろっても田舎で会ってすぐのまだよく知らない女の子を自宅にお持ち帰りしたわけなので、言い訳できないのは重々承知の上だったんだけど…

 

疲れて重い瞼をこする夏美を手で引いていきながら家まで案内してやっとこさ田舎に到着。

 

それから冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~に交互にシャワー浴びて汗で不快だったカラダをすっきり綺麗に。

 

人心地ついたせいか知らぬ間に外が白み始めているからなのか、

 

たちまち緊張で彼女の顔をみるのも恥ずかしくてまともに顔を見れないw俺は童貞か!

 

 

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~のネタバレ見どころ

 

あれほど、ビッチが田舎にやってきたを読んで高ぶっていたやましい気持ちも今は跡形もなく霧散してしまったみたい、すると急激に眠気が襲ってきて、

 

仕方なくベッドに横たわる。

 

位置をずらしてスペースを空け、隣においでと手招きで合図する。

 

隣に来てよと呼びかける自分の言葉に、飼い犬のペットみたいに従順になる夏美。

 

田舎の実家のチワワみたいでかわいい。

 

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~の思い出を作ろうと勇気を出して背中に手をまわして近くにグッと抱き寄せ、お互いにおやすみなさいと言って部屋の電気を消す。

 

ケイくんの肌温かくて安心すると言った舌の根も乾かぬうちに

 

寝おちする夏美。

 

初めて来た男の家なのに、ビッチが田舎にやってきたのヒロインみたいに男慣れしているのか全く緊張した様子がなく酔いも手伝ってすやすやモードの彼女。

 

自分もどこでも寝れるタイプなのでそれからちょっとしてから寝ちゃってたわけなんだけども、

 

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~の夢を見ている時にスマホのうるさいアラーム音で眠りから覚める。

 

オフに設定するのをすっかり忘れてしまっていた電子音をけだるそうに切ろうと

 

チンジャオ娘のベッドから起きあがって、アラームを消したらすぐにまた温かいベッドで二度寝する。

 

よくありがちな、起きた瞬間寝坊してしまっていて仕事に遅刻しちゃう!も休みだから心配無用、知らない女性が隣のベッドで寝ている!?という驚きも全くナシ。

 

全くハプニングとは無縁のすがすがしい元旦の新年初日の起床です。

 

といいつつもうお昼の時間になっていた。

 

煙ハクのアラームがうるさくて俺がごそごそベッドで動いたせいで、どうやら夏美も起きたようだ。