罰ゲームでヤンキー女に告ってみたは逆転NTRという設定が斬新

ビッチが田舎にやってきたは煙ハクの綺麗な絵とチンジャオ娘のシナリオがコラボして大ヒットした同人漫画です。

 

発売当初は携帯コミックとして配信されてましたが、その後、同人コミックとしても発売されました。

 

罰ゲームでヤンキー女に告ってみたもビッチが田舎にやってきたのヒロインのような強気で生意気な性格のヤンキー女が寝取られるという話の同人コミックです。

 

シュート・ザ・ムーンが描くヒロインの女の子のイラストはむちむち巨乳美女に偏っているので、制服を着た巨乳美少女が好きならおすすめです。

 

罰ゲームでヤンキー女に告ってみたの表紙画像

 

年越しカウントダウンが終わってからも、ライブ会場で販売されているアルコールを2人で買ってあけおめの乾杯して盛り上がり、罰ゲームでヤンキー女に告ってみた

 

年越し蕎麦を2人で笑顔で食べたりしてライブ後の余韻を楽しんでいた。

 

アルコールが入って気分が上げ上げになったせいか、このまま初詣に2人で行こうとうことになり、

 

罰ゲームでヤンキー女に告ってみたを読んで気分が盛り上がる夏美とフェス会場を後にしたのは深夜2時頃。

 

先に言っとくと、一緒にフェスに来た友達には女の子と知り合ったと言を話してうまくやれよという事になり、

 

今度あったら酒を飲みながら罰ゲームでヤンキー女に告ってみた話を聞かせろという事で決着。

 

というか強制的にウンと言わせたw

 

2人ともかなりアルコールが入って酔いが回っていたせいもあり、

 

どちらからともなく恋人繋ぎをしながら一緒に歩いた。

 

 

罰ゲームでヤンキー女に告ってみたら自宅にお持ち帰りできちゃったw

 

電車を何駅が乗り換えて、正月三が日は多くの人でごった返す人気初詣スポットでお参り。

 

午後からずっとライブを楽しんで踊りっぱなしだったせいで、

 

罰ゲームでヤンキー女に告ってみたから脚がパンパンでこれ以上歩くのは正直しんどい、

 

夏美も疲労困憊の感じで足取りがおぼつかない感じだったので、

 

神社から近い俺の自宅に彼女を誘ってみた。

 

もちろん初詣の後の罰ゲームでヤンキー女に告ってみた展開も想定してどの神社で初詣をするか決めたのは言うまでもありませんw

 

夏美も頭の回転が早い子に見えたので魂胆はバレているのは承知の上、

 

その当たりの俺の行動の意図を当然理解していたと思う。

 

あざとい俺の行動に対して夏美はにやついた表情を浮かべながら、

 

「え~、ケイくんは出会って間もないよく知らない女の子を

 

家に誘っちゃうようなチャライ男だったんだね~?見た目と違ってなんかショックだなww」とからかい始める。

 

口ではからかいつつも手はつないだままなので、

 

罰ゲームでヤンキー女に告ってみた本音ではお持ち帰りされちゃってもいいなかと思っているのは間違いない事実。

 

こっちから家に読んどいてあれなんですが、出会ったその日にお持ち帰りが成功しちゃった経験は今までなかったせいか、

 

内心の動揺を彼女に悟られまいと何か聞かれてもふざけてばかりいたのを覚えている。

 

だけど1回だけ、罰ゲームでヤンキー女に告ってみた真剣な表情で

 

「いつもはこんなに簡単に男の人の家に行ったりしないんだよ?」と言い訳するようなバツが悪そうな感じの夏美に、

 

頭をポンポンとしてそんなこと知っているよと軽い女なんて全然思ってないからと安心させてやった。